×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フッ素って何?フッ素塗布の方法は?

>>キラキラ生活情報 + HOME


●フッ素って何?

・むし歯になりかけた歯をもとにもどす
むし歯菌によって歯からとけだした「リン」や「カルシウム」を再び歯に取り込むのを助けます。

・むし歯に強い丈夫な歯をつくる
歯の表面にむし歯菌の酸に強い結晶を作ります。

・むし歯菌の活動を抑える
むし歯菌に酸を出さないように働きかけます。


●いつ頃から受けるの?

フッ素塗布は乳歯の前歯が生える1歳頃から定期的に継続して受けることが大切です。 保健所や「かかりつけの歯科医院」で相談してください。 また、フッ素を塗った後30分間はうがいや飲食を避けてください。


●家庭ではできないの?

フッ素は低濃度でも継続して摂ることが大切です。最近は「フッ素入り歯磨き剤」が コンビニやドラッグストアでも簡単に手に入りますので、毎日のブラッシング時に使用しましょう。 おすすめする使い方としては歯磨き剤をつけずに磨いた後に、「フッ素入り歯磨き剤」でもう一度磨くことです。 また、フッ素の洗口剤やジェル、スプレー等を仕上げに使用することもおすすめいたします。


●歯科医院でやるフッ素塗布はどう違うの?

歯科医院で「フッ素塗布」を行う場合には必ず「プラーク」を除去してから行います。しかも高濃度のフッ素を塗布します。 方法は綿球や歯ブラシで歯に直接薬を塗布する方法と、歯にトレーをかませる方法が一般的です。


●フッ素洗口って何?

「フッ素入りのうがい液」でうがいをすることです。 これはうがいが上手に出来る4歳頃から永久歯が生え揃う中学生頃まで行うとよいでしょう。


フッ素塗布って1回じゃ意味ない!?

やはり一番いいのは歯科医院で定期的(半年に一度)にフッ素塗布を行うことです。 フッ素は「予防のプロ」に塗ってもらいましょう!


健康チェックしてますか?

リンク

サイトマップ