×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

意外と簡単!O-157の感染予防法

>>キラキラ生活情報 + HOME


●症状は?
O―157による食中毒では、まず風邪を思わせる症状(鼻水・咳・悪寒など)があり、
そのあと強い腹痛・水溶性下痢が始まります。
嘔吐や38℃台の発熱も伴うこともあり、血便にもなります。
症状が出始めて2〜3日後からは、新鮮血の血性下痢もはじまります。
さらにベロ毒素の作用によって溶血性貧血・急性腎不全などが生じ、症状が重くなり、
乳幼児・高齢者などでは、痙攣・昏睡・脳炎など致命的となることもあります。
体力のある健常者では一般的に発症後4〜8日で抗生物質・下痢止めなどを飲まなくても自然治癒します。
ただし水分補給はしっかりとし、下痢がひどいときは輸液なども行います。



ここからが大事!簡単にできる予防法

●食中毒の予防

1.食べ物を買う時、保存する時
 ☆肉、魚、野菜などは新鮮なものを買い、それぞれ別々に洗い、
  別々にビニール袋に入れ保存しましょう。
 ☆温度管理が必要なものは、最後に買い、長く常温に放置しないようにしましょう。
 ☆食品を保存する場合、冷蔵は10℃以下、冷凍は-15℃以下が目安です。
  冷蔵庫は詰めすぎないようにしてください。 
 ☆細菌が冷蔵庫で死ぬわけではありませんので、過信せず早めに食べましょう。
  時間がたちすぎたら、思い切って捨てましょう。

2.調理の時、食事の時
 ☆料理や食卓につく前は手を洗いましょう(できれば薬用石鹸で)。
 ☆野菜などの生ものや手を洗うときは、水道の流水で洗ってください。
  水道水には塩素が含まれるため、意外に殺菌力があります。
 ☆あたためなおすときは、75℃以上を目安に十分(1分以上)に加熱をしてください。
 ☆盛りつけも清潔な器具や清潔な食器で(包丁、まな板、食器、ふきんなどなるべく熱湯消毒に)。


感染予防に役立つ!?

リンク

サイトマップ