×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リハビリ現場で働きたい!理学療法士って何?

>>キラキラ生活情報 + HOME


《理学療法士というお仕事》

理学療法士は、厚生大臣の認可を受けて、主に病院やリハビリテーション施設、介護保健施設、介護老人福祉施設などで、 病気や事故などで障害を負った方に対して、基本的な動作能力を最大限に回復するよう、発揮できるようにするなどの、 医学的リハビリテーションを行う専門職です。


《理学療法士になるには》

理学療法士になるには、国家試験に合格することが必要です。理学療法士の資格試験を受けるには、養成校を卒業する必要があります。 養成校は現在、大学、短大、専門学校など150校以上あります。理学療法士などの医療技術者の養成は、 修業年限を3年以上とすると理学療法士及び作業療法士法で定められていますので、大学は4年制、 専門学校や短大でも2年ではなく3年制になっています。 養成校のなかには働きながら卒業できるように夜間部を設けている学校もあります。

理学療法士になるための国家試験は、例年では、年1回、3月上旬に筆記試験を実施、 3月中旬に口述及び実技試験を実施しています。試験の申込み期間は1月中の2週間程度です。 最新の日程を確認しておきましょう。試験は一般問題及び実地問題に区分して行われる「筆記試験」と 「口述試験及び実技試験」で行われています。国家試験に合格し、厚生労働省の理学療法士名簿に登録されると 理学療法士免許が与えられるということになります。

どんな学校や通信教育があるの!?


スポンサードリンク

リンク

サイトマップ