×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キラキラ生活情報 > 借入れの返済、払いすぎてませんか? >

利息の払いすぎ?

みなさんは、消費者金融や、クレジット会社から借金をされていませんか?
消費者金融やクレジット会社は、お金を貸すときに、20数%の利息をとるのが大半ですが、実はこの利息は、 利息制限法という法律に違反しているのです。
利息制限法では、次のように、利息の上限が定められています。

業者が貸す金額 利息の上限
 10万円未満 年利 20%
 10万円以上100万円未満 年利 18%
 100万円以上 年利 15%

もし、業者がこの上限を守らなかった場合は、余分にとっていた利息分を元本の返済に充当し直すことができます。 業者と取引している期間が長ければ、それだけ余分に取られていた利息が大きいので、借金の残高が相当減る可能性があります。 場合によっては利息制限法で計算し直すだけで、取引の長い業者の借金が実はなくなっていたというケースもよくあります。 みなさんが思っていらっしゃる以上に、利息の支払いは苦しいものです。払いすぎている利息を清算して、今の負担を少なくしませんか?

業者に返還請求ができる!

消費者金融、クレジット会社などの業者は、利息制限法という法律に違反した高い利息をとっています。 これらの業者との取引期間が長い場合は、余分にとられていた利息も多く、きちんと計算をし直すと、業者にお金を返済しすぎていることが判明することがあります。 このような状態を法律用語で不当利得といい、一般的には「過払い」といいます。 借金の整理手続きを進める中で、過払いが判明した場合は、業者に対してそのお金を返還するよう請求することになります。

■どうやって過払いを取り戻すの?
まずは、弁護士が業者に対して、速やかに過払い金を返還するよう交渉を行います。 過払い金の返還に応じる業者がほとんどですが、場合によっては、業者が過払い金の返還そのものに応じないことや、返還額について折り合いがつかないことがあります。 そのような場合は、裁判を起こして、過払い金の返還を求めていくことになります。

SEO対策:利息

メインメニュー

リンク