×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトマップ
キラキラ生活情報
フッ素塗布 幼児
フランチャイズ 始める
腰痛予防 ストレッチ
オスグッド ジャンパー膝
O-157 予防
リハビリ 理学療法士 PT
フラダンス くびれ
割れにくい シャボン玉
赤ちゃん ペット
イルカ 生態
木のおもちゃ 安全
学資保険 必要
赤ちゃん 虫歯
から揚げ 作り方
美肌 セルロースガム
巌流島 決闘 真実
古代魚 淡水エイ
LOMO 使い方
トイカメラ 種類
すいか 選び方
紅茶 入れ方
シーラカンス 生きる化石
マスク 予防 消毒剤
借入れ 返済 払いすぎ
人脈 広げる 話題
派遣 キャバ嬢
別腹 正体

用意するもの

★紅茶
★水 水道水で大丈夫です。ミネラルウォーターは不可です。
さて、道具ですが
★やかん 注ぎ口が適度に太いほうが良いです。
★ティーカップ 水色が良くわかるように、内側が白いものを用意しましょう。
★茶さじ 紅茶を量るためのものです。小ぶりなコーヒースプーンではありません。
さらに必要なのは、
★ガラスサーバー
★茶こし 業務用の取っ手付きの適度に目の細かいもの。畳み織り、装飾用のものは不可。
★キッチンタイマー デジタルで秒単位で設定できるもの。なければ、秒針のついた時計。
そして、もしあれば
★ステンレス製マドラー
★タオル(サーバーの下に敷くためのもの)

いつも使っている物と、ちょっと違う道具があるでしょうか?
でも、こんなちょっとした道具の違いからも、味や香りに差が出てしまうのです。
できるだけ、用意してみてくださいね。

ティーカップ1杯分の入れ方

【1】新鮮な水をグラグラと沸騰させましょう。 塩素臭が気になるときは、ヤカンのふたをとって5分ほど沸かし続けてください。

【2】温めたサーバーに3g(茶さじ山盛り1杯)の茶葉を入れます。 もしもデジタルの計量はかりを持っていたら、初回はきちんと計ってみましょう。 正確な量がつかめたら、1杯分の量3gにあったスプーンを用意すればOKです。 そして「ポットのための1杯」は加えないこと。 渋みや苦みが強くなりすぎて、おいしくありません。

【3】サーバーに150mlの湯を勢いよく注ぎ、 ふたをして、時間を計ります。 あらかじめ白インクのマジックで、 150mlごとに目盛りを付けておくと便利です。 湯の中で茶葉が踊ることにより(ジャンピング)、 バランス良く成分が出ます。 湯は、高めの位置から勢いよく注ぎましょう。 抽出している間にサーバーが冷えてしまうとジャンピングしにくいので、 サーバーの下にタオル、キルティングのマット、 コルクのコースターや鍋敷きなどを敷くとよいでしょう。 そして紅茶ごとに指定された紅茶の抽出時間を 、タイマーを使ってきちんと守りましょう。 時間が短すぎては、紅茶の成分が引き出し切れず、 香り・味・水色の物足りない紅茶になってしまいます。 逆に、時間が長すぎたり、茶葉を入れっぱなしにしておいては、 苦みや渋みの強い紅茶になったり、最良の水色の紅茶になりません。

【4】時間がきたら、茶こしでこしながら、 ティーカップに一気に注ぎ出します。 時間が来る直前に、マドラーで軽くかき混ぜると、 湯の中の成分がより均一になります。

【5】注ぎ終えたら、その茶こしを2、3度ふるい、 茶こしに残っている紅茶をティーカップに入れます。 茶こしに残った成分を、最後にふるい落とします。 これがベストドロップです。 これで、出来上がりです。さあ、テイスティングをしてみましょう!

入れ方のポイントは、
★新鮮な水を使う。
★紅茶をきちんと計量する。
★湯は、いきおいよく注ぐ。
★抽出時間を守る。
★抽出時間になったら、紅茶を茶こしでこす。
★ベストドロップ(旨みのかたまり、おいしさの決め手となる最後の一滴)を入れる。

ティーポットを使った入れ方

★茶葉をこしてあるので、紅茶が最もおいしい状態でTea Time を楽しめます。
★ティーポットの中で紅茶が時間がたっても濃くならないので、おかわりの紅茶も最良の紅茶が飲めますよ!

ここでは、2杯分のティーポットを例にします。
【1】新鮮な水をグラグラと沸騰させましょう。

【2】温めたサーバーに茶葉を入れます。2杯分なので3g(茶さじ山盛り1杯)×2の紅茶を入れます。 サーバーに150ml ×2の湯を勢いよく注ぎ、ふたをして、時間を計ります。

【3】時間がきたら茶こしでこしながら、 温めたティーポットに一気に注ぎ出します。 時間が来る直前に、マドラーで軽くかき混ぜると、 湯の中の成分がより均一になります。

【4】注ぎ終えたら、その茶こしを2、3回ふるい、 茶こしに残っている紅茶(ベストドロップ)をティーポットに入れます。

ティーカップが、ティーポットに変わるだけなので簡単でしたね。 でも、2杯目の紅茶は、茶葉を入れっぱなしにしたものとは、雲泥の差です。 どうぞあなたも「とびきりおいしい紅茶の入れ方」で、とびきりおいしいTea Time を楽しんでくださいね。

Copyright(C)2008 キラキラ生活情報. All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch