×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレッチは筋肉を伸ばすことで血行を良くして新陳代謝を活性化させてくれます

>>キラキラ生活情報 + HOME


運動不足・悪い姿勢・仕事で長時間同じ姿勢でいるなどが原因で腰痛に悩んでいる方は多いと思います。 これらは筋肉が硬くなって、血行が悪くなったり、身体が歪んだりして腰痛を引き起こしてしまうのです。 そこでストレッチによって筋肉の柔軟性を保ち、疲労を取り除けば、腰痛を緩和したり予防したりすることが出来ます。 ストレッチは筋肉を伸ばすことで血行を良くして新陳代謝を活性化させてくれます。 ここでは腰痛緩和・防止のためのストレッチを紹介します。(注:椎間板ヘルニアなどの場合はストレッチをすると、余計悪化することもありますので医師の指示に従って下さい。)

ストレッチを行う上でのポイントは以下の通りです。
1.反動を付けないで行う。
2.呼吸を止めないで、自然にリラックスして行う。
3.伸ばした動きをしばらくそのまま持続する。

筋肉を伸ばして気持ち良いと感じることがストレッチですので 痛いと感じるようならば止めましょう。

●足を組んで床に座り、曲げている側の脚の方へ両手を床に着いて上体をひねります。反対側も同じように行います。

●正座した状態から両手を肩幅くらいに開いて両腕と背筋を伸ばして胸を床に付けるようにしていきます。

●床に仰向けに寝て両手を横に広げます。片側の脚を反対側に倒して十分伸ばします。反対側の脚も同じように行います。

●床に仰向けに寝て両膝を両手で抱え込んで胸に引き寄せていきます。

●床に仰向けに寝て片方の足を両手で抱え込んで胸に引き寄せていきます。反対側の脚も同じように行います。


腰痛が起こる原因は腹筋の筋力が弱過ぎる場合もあります。

腰痛が起こる原因は腹筋の筋力が弱過ぎる場合もあります。 背筋は普段の生活動作で自然に使われて鍛えられていますが、腹筋は普段あまり使われていないため、背筋より弱くなっています。 このアンバランスが骨盤の傾きを止められず、腰痛を起こす原因の1つになっています。 ですから腹筋を鍛えることによって、腰痛防止にもなります。以下に腰痛防止の運動・体操を記します。

●床に仰向けに寝て両膝を曲げて両手は胸の前でクロスさせます。 おへそをのぞき込むような感じで少しだけ上体を起こします。 (いわゆる腹筋運動です。但し上体を最後まで起こす必要はありません。肩が少し上がるだけで結構です。)

●床に仰向けに寝て、膝を立て両腕は床に広げます。 そのまま腰を浮かせ高く上げたら元に戻します。


体のケアしてますか?

リンク

サイトマップ