×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キラキラ生活情報 >派遣 キャバ嬢 >

お金はほしいけど水商売1本はイヤ

派遣キャバ嬢のシステムは至って簡単です。面接後に会員番号とパスワードが与えられ、サイトで店舗情報を検索。 仕事をしたい曜日などの条件設定をすると、条件に合った店舗情報が女のコにメールで送信されるようになっているんです。 女のコはメールで送られてきた詳細情報をチェックし、気に入った仕事があればシフト登録をして店に直行! ワンコールワーカーという派遣労働が話題になったが、そのお水版と言える。まさに"ワンコールキャバ嬢"と呼んでもいいだろう。

また、登録スタッフの大半は水商売経験者。登録後に簡単な説明はあるが、「水商売のいろは」を指導することはない。

依頼の5割強はキャバクラですが、クラブやスナック、ガールズバーなどにも派遣しています。店により接客方法も違うので、 基本的には派遣先の店で指示を受けるようになっています。 女のコの給料は派遣先の時給計算で、日払いで支払われる。派遣会社の収入は、1日1人派遣して得られる3000〜4500円の手数料。 一日最高100人もの依頼があるとか。

キャストの急な欠勤や、人数が必要なイベント日などに利用されています。店側も、必要なときに必要なだけ人数を確保できるため、コストの削減になるんですよ。 店側だけではなく、女のコサイドの需要も高い。この夜の派遣という働き方が知れられるとともに、登録スタッフの数も増えている。 当然、経済的な問題で働いているコが多いでしょうね。ほとんどのコが昼間の仕事を兼ねていますが、 満足な収入が得られないんでしょう。

職種上、派遣キャバ嬢に登録している女性は25歳以下が約8割を占めるが、30代以上の登録者も多いとか。 昼間だけでは十分に稼げない、そんな現実が見える。

派遣キャバ嬢は口説きやすい!?

では、実際に派遣登録している女のコに聞いてみた。

「昼間は喫茶店のアルバイトをしています。それだけじゃあ、貯金も買い物もできないから、 今は週3〜4日ペースで派遣キャバ嬢として働いているかな。前はキャバクラで働いたんですけど、ノルマが厳しくて辞めました。 この派遣なら、人間関係のしがらみもノルマもないので、スゴく楽です」

「昼間の仕事が忙しく、かと言って、時間の融通が効く兼業バイトもありません。 でも、派遣なら平日でも終電までに終わる店舗で働いたり、休日でも働ける店を探すことができるんです。 若い間しかできない仕事だし、女磨きも目的のひとつ。オシャレをしたり、接客を通して気配りのできる女性になりたいんですよね」

ちなみに、登録女性は首都圏だけでなく、沖縄在住のコまでいるとか。 東京近郊の登録スタッフも多いですが、東京に遊びに来た際の、滞在中のお小遣い稼ぎとして登録しているコも多いですね。 そんな気軽なノリの派遣キャバ嬢なら、手練手管を弄するプロのキャバ嬢よりもきっと口説きやすいはず。